ホーム » ペットの猫にかける保険はこんなパターン

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    ペットの猫にかける保険はこんなパターン

    近年、動物医療技術の向上、ペットの長寿化によりペット保険はメジャーなものになりつつあります。ペットといえば犬、猫が多いですが、一体いつから保険に加入したらよいのでしょうか。犬は大きさも様々で散歩をする事が多い為、外出や家族以外の人と触れ合う事も多く、早い段階で加入する人が多くいます。ところが猫はそれ程大きなものはおらず、室内飼いが一般的で保険に入っても払いっぱなしになってしまうのではと悩む人が多くいます。しかし、実際に保険に加入した例で多くあるのが知らないうちに外に出てしまい、怪我をしてしまった。野良猫と喧嘩し怪我や病気になってしまったというパターンです。また、10歳を目前にして年齢を重ね、病気を発症しやすくなることもあり、その前に保険に加入する人も多くいます。

    猫の保険がおりる時、おりない時

    猫のペット保険は多くの会社が様々なプランを出していますがどんな時に補償されるのでしょうか。主に怪我や病気で通院した場合、怪我や病気が原因で入院した場合、怪我や病気で手術をした場合、ガンが原因で手術をした場合、ペットが他人をケガさせたり物を壊してしまったとき、法律上の損害賠償責任が生じた場合に補償を受けられるケースがあります。では補償が受けられないケースとは飼い主の故意や過失によって起きた怪我や病気の治療、ワクチン接種やノミ、ダニ予防、怪我や病気ではない去勢、避妊手術や妊娠出産、遺体処置、爪切りや耳掃除、マイクロチップの挿入などがあります。また先天性疾患がある場合は保険に加入できないことや、保険加入後の待期期間中に発生した怪我や病気は補償外となる事があるので確認が必要です。

    ペットに保険をかけて良かったこと

    大切なペットが怪我や病気になった時、戸惑ってしまうのが治療費の高額さです。手術代はもちろんの事、入院代、通院代も大きな額になります。そんな時にペット保険に加入していると金銭的負担が軽減され、安心できます。更に、ペット保険に加入していることで猫の病気に早い段階で気付くこともできます。ペット保険に加入していない人の多くは高額な治療費から猫の様子が少しおかしくてもしばらく様子見してしまう事があります。しかしその間にも病気が進行してしまった為、結果としてより高額な治療費が必要となってしまったというケースがほとんどです。ペット保険に加入していればこまめに通院する事ができます。そして猫に手厚い治療を受けさせてあげることができ、長い間共にいられることが最大のメリットと言えます。