ホーム » どのようにすれば猫の保険が安く収まるか解説

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    どのようにすれば猫の保険が安く収まるか解説

    ペット保険にはいろうと思うと人間と同じく加入条件があるのはご存知でしょうか。どの保険会社も8から10歳で新規加入ができないところが多いようです。ペット保険を考えている方は若いうちに加入を検討しましょう。そして猫などペットの保険は保険料が安いものほど加入期間が短いものが多いのです。また保険料は若い時の方が安く、年齢と一緒に金額も上がっていきます。それをふまえペットの保険は一生涯にかかる費用で比べるのがいいでしょう。平均寿命15歳と考えると0から15歳の保険料の合計で比較してみましょう。またベーシックなプランにプラスアルファでどんな保険内容をつけていくのか。または省いていくのか。一生涯の中で予想は難しいかもしれませんがひとつひとつ必要かどうか考えるといいでしょう。

    ペットの猫に保健をかけるメリットとデメリット

    ここでは猫のペット保険のメリットとデメリットを説明します。人間は健康保険により3割負担で大丈夫ですが、猫などペットの場合は飼い主の全額負担になってしまいます。保険の種類にもよりますが、50から70パーセントと保険の負担があるので飼い主にとっても金額の負担を減らすことが出来ます。ペットの治療費は高額になることが多いのでもしもの備えとしてペット保険に加入するといいでしょう。また病院にかかりに行きやすくもなるので、早期発見、早期治療にもつながります。では反対にデメリットはというと、保険ですので掛け捨てが一般的で支払った分の戻りはありません。もし一生涯のうちに病気もなく病院にかかることもなかった場合は無駄になるということです。ですがお守りの変わりに加入しておこうというのもいいかもしれません。

    猫などペットの保険の加入の仕方

    猫の保険の加入というと、少し大変なイメージもありますが、ペット保険の加入は資料請求後郵送にて加入する方法とインターネットから加入する方法があります。保険会社によって必要書類は異なりますが、だいたいが契約申込書、ペットの健康状態を知らせる告知書、健康診断書、写真を主に提出するのです。インターネットからの申し込みになると手書きで書く手間も省け24時間365日いつでも申し込みすることが可能なのは大きなメリットです。またインターネットから加入することで保険料が安く抑えられるということもあるので、各社チェックしてみましょう。また自分ではわからないという方はペットショップや動物病院などでも保険加入することができるのですが、ここでのデメリットとして動物病院やペットショップなど店頭で加入する場合少し割高になるケースもあるようなのでいろいろ比較して加入を考えてみましょう。