ホーム » おすすめの猫の保険を分かりやすく説明

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    おすすめの猫の保険を分かりやすく説明

    病気やけがをして病院で治療を受けたとき、人の場合は国民保険等の保険に必ず入っているため治療費の負担は少なくて済みますが、猫の場合、全額負担になりその金額は驚くべきものになります。また、治療金額は病院で決められるため、病院によって金額が変わってきます。猫が突然の病気やけがになった時、お金が用意できなくて治療が受けられないということになりかねません。そんな事態を防ぐためにも保険に入っておきましょう。猫の保険には補償内容によりいくつかのタイプがあります。主な補償は、診察や処置、薬費用を補う通院保障や入院した費用を補う入院補償、手術した場合に掛かる麻酔費用などを補う手術補償があります。その他の補償としては、猫が亡くなった時に行う葬儀費用を補うペットセレモニー補償やけがにより足が不自由になった時車いすを作成する費用を補うものもあります。

    猫の保険にある待機期間に注意しよう

    人が任意保険に入った場合、支払いをすればすぐに補償対象期間となる保険がほとんどなのに対し、猫の保険の場合は、保険会社によって保険の開始時期が違います。猫の保険の需要が多くなるにつれ病気を持った状態で保険に加入し、支払いが生じるというケースが増えてきました。勿論、保険に入る際に通院中の場合は保険に加入することはできない会社がほとんどですが、病気と診断されてはいないが、健康状態に不安のある猫が加入するケースが増え保険会社の制度が維持できないものとなってきたため、待機期間を設ける保険会社が増えてきました。ここで注意しなくてはいけないのが、保険金を支払う期間と保険料が受け取れる期間の関係です。待機期間を設けている会社は保険申込から保険料を支払いますが、一か月間ほどは保険料が支払われません。待機期間や内容は保険会社により異なってくるため契約時には確認が必要です。

    保険の検討を確実に行うべき内容

    猫の保険は、保険会社によりさまざまな内容の違いがあります。保険に入っているからといってすべての治療に適応されるわけではありません。保険のタイプによって保険金の支払いが発生しない免責を設けているものもあります。免責とは必ず飼い主が負担する金額があるということです。免責金額と免責条項の設定の確認をしっかりしておきましょう。それを怠ると支払いしてもらえると思っていたのに全くの支払い対象外だったということになりかねません。また、年間最高補償額が設定されている保険や限度回数や限度額が設定されている保険もあります。そして重要なのは加入時期です。保険の加入条件として健康で通院していないこと、病気もちでないことを条件に挙げている保険会社がほとんどです。偽って加入しても保険料は支払われません。ですから生まれてから早い段階での加入がいいでしょう。